DNSの確認方法について

メールサーバーの設定などでMXレコードの値を変えるなど、DNSサーバー側の設定を変えたとき

変更がうまくいっているかどうかをチェックする必要があります。

UNIX系のOSだとチェックするコマンドが実装されていたりしますが、

ここではチェックしてくれるサイトをいくつか紹介します。

 

DNS Validation

http://www.dnsvalidation.com/ 

私的にはここがいちばん使いやすいです。

確認したいサーバー名を入力します。

そして”Run Report”を押すと評価画面に飛びます。

エラーが出ているところをよく読んで、何が悪いかきっちり対策しましょう。

 

 

DNSの設定チェック

http://dnscheck.jp/

先ほどのDNS Validationは英語だったのでわかりにくい・・・

という方にはこのサイトがオススメです。

使い方は「利用方法」と書かれているリンクからどうぞ。

「現在のDNS設定内容をチェック」にマークをつけて検証ボタンを押すだけです。

この状態で現在のMXレコードの設定値まで出てくれるとイチオシするんですけどね。

 

 

LOOK-DNS

http://www.look-dns.com/

日本語といえば、忘れちゃいけないこのサイト。

MXレコードの確認がもっと深ければ・・・。

 

 

nslookup(dig)テスト【DNSサーバ接続確認】

http://www.cman.jp/network/support/nslookup.html

株式会社シーマン様のサーバーメンテ支援サイトの中の1ページ。

サーバー構築の際にとっても便利なサイトです。

slookupかdigかを選んで確認します。

 

 

やはり私的にはDNS Validationが好きですね。結果に対していろいろ情報が出てきますし。

 

DNSサーバーの設定はミスってしまうとメールが届かないなどいろいろとトラブルが起きます。

こういうサービスはありがたいですね。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ