タスク管理アプリ:Remember the Milkをつかってみる 3

Remember the Milkをつかってみよう!

前回、きっちりRemember the Milkに登録ができたと思います。

今回は早速タスク登録をしてみましょう。

ようやく、記事タイトルに追いついた、かな。

ログインすると、このような画面になっていることでしょう。

スクリーンショット 2014-04-20 16.36.30

画面の真ん中付近に、「新しいタスクを追加」って欄がありますよね?

スクリーンショット 2014-04-20 16.36.31

ここに「牛乳を買う」というタスクを入れてみましょう。

なんで牛乳かって?

Remember the Milkって、「牛乳を買い」忘れないようにするサービスだからです(違

入力してみますね。

スクリーンショット 2014-04-20 16.43.47

この状態でエンターキーを押すともうそれでタスク登録完了です。

パチパチパチパチ!(拍手)

スクリーンショット 2014-04-20 16.47.20

うん、ちゃんと登録されていますね。

ただ、これだけだとタスク件名のみです。

ひとつ上に「Remember the Milkを試してみる」という最初から入っているタスクが

ありますが、これは「16:34」と時間が書いてあります。

しかも、左側に赤のマークがついていたり。

では、先ほど入力したタスク「牛乳を買う」にも情報を与えましょう。

「牛乳を買う」の左側にある□にチェックを入れてみましょう。スクリーンショット 2014-04-20 16.52.28

すると、右側の「タスク」というタブの情報が変わったことに気づくでしょう。

この状態で、期日などをいろいろ変更することができます。

詳細の説明は長くなりそうなのでまた次回!!

スクリーンショットは撮りだめしてるから安心です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ