タスク管理アプリ:Remember the Milkをつかってみる 7

 

GoogleカレンダーとRemember the Milk

予告通り、今回はGoogleのサービスとRemember the Milkの連携についてです。

Googleのサービス、というとGoogleカレンダーとGmailが真っ先にでてきますよね。

androidは前回解説したので今回はGoogleカレンダーについて書いていきます。

 

GoogleカレンダーへのRemember the Milkのタスク表示

Googleカレンダーに、Remember the Milkのタスクを表示させることができます。

しかしこれ、何年もたつのに完璧!という手段がないんですよね。

2種類方法があるんですが、その2つを入れないとまともに使えないんですよ。

そうそう、Googleカレンダーが既に使える状態になっている、という前提で話を進めます。

では1つめの方法です。

http://www.google.com/calendar/render?cid=http%3A%2F%2Fwww.rememberthemilk.com%2Fservices%2Fmodules%2Fgooglecalendar%2Fics.rtm

上のリンクを、ブラウザで開いてみて下さい。

すると、「このカレンダーを追加しますか?」というメッセージが出ます。

WS000008

ここは素直に「はい、このカレンダーを追加します」をクリックしましょう。

その後、Googleカレンダー上に青地に白のチェックマークが入ったアイコンが現れます。

WS000009

これが

 

WS000010

こうなる

 

この青いアイコンをクリックすると、タスクの内容が表示されます。

しかしこれって、わざわざ青いアイコンをクリックしないと

タスクを確認できないんですよ。

さっとGoogleカレンダーを開いてタスクを確認、というわけにはいきませんね。

 

そこで次の方法。

Remember the Milkのwebページを開きます。

そして「すべてのタスク」タブを選びます。

画面右側を見ると、iCalendar(イベント)というリンクがあります。

iCalendar(イベント)のほうです。その上のiCalendarではありません。

スクリーンショット 2014-04-20 18.36.30

このリンクをコピーします。

Safariだと「リンクをコピー」

スクリーンショット 2014-04-23 22.05.00

 

Firefoxだと「リンクのURLをコピー」

スクリーンショット 2014-04-23 22.06.44

 

Chromeだと「リンクアドレスをコピー」

スクリーンショット 2014-04-23 22.09.46

 

Internet Explorerでは「ショートカットのコピー」

スクリーンショット 2014-04-23 22.08.01

 

Operaだと「 リンクのアドレスをコピー」

スクリーンショット 2014-04-23 22.07.39

となります。

ブラウザ、これだけ網羅しておけばいいだろう・・・・・・。

続いてGoogleカレンダーでの作業。

画面の左下に「他のカレンダー」というのがありますね。

この右側に下向き三角アイコンがあるのでこれをクリック。

スクリーンショット 2014-04-23 22.15.39

メニューの中の「URLで追加」をクリックしましょう。

スクリーンショット 2014-04-23 22.16.14

するとカレンダーのURLを入力するように、と言われるので先ほどコピーした

URLを貼り付けます。

スクリーンショット 2014-04-23 22.17.56

するとRemember the Milkの項目がGoogleカレンダーに登録されます。

スクリーンショット 2014-04-23 22.19.57

なかなか見やすいのですが、これは読み取り専用です。

しかもアプリなどでタスクを追加したり更新したりしてもなかなか反映されません。

レスポンスがよろしくないんですよね。

というわけで、この2つを常に表示させておいた方がいいのかもしれません。

 

 

・・・・・・また長くなってしまった。

Gmailについては次回!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ